読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリルウツロイド その後 【WCSルール】

WCSルール

シーズン1終盤に使用したトリルウツロイド入りトリパのその後についてです。

シーズン2でも引き続きこの構築でレートに潜り感じたことは、構築の肝はポリ2ギガイアスであり、特に、予めトリルが展開された状態でポリ2ギガイアスを出す動きが非常に強力ということです。ポリ2を後発に残しておくことでダウンロードでCが上がるタイミングを見計らって投げることが可能であり、また、ポリ2でトリルを貼ろうとした場合、このルールにおけるトリパやギミックパに対する風当たりの強さから、切れない確率で挑発や吠えるが飛んで来るためです。

残りの基本選出であるテテフウツロイドですが、テテフに関してはその単体性能に大きく満足していた一方、ウツロイドの枠は正直トリルを貼れれば誰でもいいんじゃないかと思いました。

ということで、このウツロイドの枠に色々なトリラーを入れてみることにしました。

f:id:pokerikadai96:20170123021834p:plain f:id:pokerikadai96:20170123021431g:plain f:id:pokerikadai96:20170123021459g:plain
( ˘⊖˘) 。o(誰だこいつら...)


f:id:pokerikadai96:20170123032620p:plainハギギシリ
143-172(252)-90-81-91(4)-144(252)
特性:がんじょうあご
持ち物:きあいのタスキ
サイコファング / かみくだく
トリックルーム / まもる(めざめるパワー炎)
良い点
・ゴリラ(特性フィールド込みサイコファングの火力は陽気ガブのZ地震と同程度)
・グロスに打点持ち
・単体性能が悪くないので無理してテテフを並べなくてもよい
悪い点
・遅い

ところで、意地陽気のめざ炎個体を両方所持しているので貸して欲しい方がいればいつでも言ってください。
f:id:pokerikadai96:20170123030355j:plainf:id:pokerikadai96:20170123030403j:plain


f:id:pokerikadai96:20170123032659p:plainフーディン
131(4)-x-65-187(252)-115-189(252)
特性:マジックガード
持ち物:きあいのタスキ
サイコキネシス / ミラクルアイ
トリックルーム / まもる
良い点
・ミラクルアイ+テテフのサイキネでべトンを殺害可能
・砂で襷が潰れない
・Bが低すぎて隣にギガイアスがいてもダウンロードでAが上がる
悪い点
・単体性能が終わっているのでテテフの同時選出を強いてくる
・砂で襷が潰れない


f:id:pokerikadai96:20170123032845p:plainスターミー
135-x-105-152(252)-106(4)-183(252)
特性:しぜんかいふく
持ち物:きあいのタスキ
サイコキネシス / れいとうビーム
めざめるパワー炎 / トリックルーム
良い点
・課題の対ガブカグヤに対してウインディと並べることで対応可能
・カミツルギを上から殺害
悪い点
特になし


戦績
ウツロイド 28勝7敗 R1500→R1746
ハギギシリ 23勝9敗 R1500→R1600中盤
フーディン 11勝3敗 R1600中盤→R1753
スターミー 11勝2敗 R1746→R1840


ポリ2ギガイアスに飽きたので続きは誰かに託します。選出率1割未満のカミツルギの枠をどうにかすることが先だったのかもしれない。